過去数年間、ペットを人間として扱う飼い主の増加、そして飼い主のペットに最高のケアを提供したいというニーズが増えたことで、ペットフード業界は新たな成長を実現してきました。

2024年に入るにつれて、この産業は変化し続け、消費者の嗜好の変化、ペット栄養学の進歩、そして新しい市場トレンドによってさらなる成長を遂げています。本記事では、2024年のペットのおやつ業界における最新のトレンドについて解説していきます。

健康と幸福をもたらすおやつ

最近、健康志向のペット製品への関心が高まっており、このトレンドは2024年以降も高まっていくと予想されています。ペットの飼い主は、ペットの食欲を満たすだけでなく、栄養価の高いおやつを求めるようになっています。

プロバイオティクス、抗酸化物質、オメガ3脂肪酸などの機能性成分が配合されたおやつが、ペットの総合的な健康と幸福を高めるということで人気を集めています。

PETFOODINDUSTRYによる調査結果によると、健康重視のペットおやつの売上高は2024年に約15%成長する見込みであり、ペットのおやつ市場全体の成長を上回ります。これは、ペットのおやつ業界における購買決定を促進する「健康と幸福」の重要性を示しています。

特定の要件に特化したプレミアム品

ペットおやつ部門におけるプレミアム化のトレンドは依然として停滞する気配がありません。ペットの飼い主は、天然由来のオーガニック成分から作られた高品質のプレミアムおやつを購入する傾向にあります。この変化は、プレミアムおやつが従来の選択肢と比べて優れた味と栄養価を提供するという理由から来ています。

さらに、特定の食事要件(アレルギーなど)や嗜好性に合わせたペットおやつの需要が高まっています。企業は最新技術と消費者のニーズ性を活用して、グレインフリー、グルテンフリー、またはホリスティック製品など、特定の食事要件に合わせたおやつ開発が活発化しています。

Euromonitor Internationalによる市場調査によれば、ペットのプレミアムおやつは2024年に全体のおやつ売上高の40%以上を占めると予想されており、ペット飼い主が量よりも質を重視する傾向が示されています。

サステナビリティとエシカルな商品

人間社会において、サステナビリティとエシカル(倫理的)商品の消費が浸透していることで、ペットの飼い主は環境への影響および社会的影響にますます関心を示しています。持続可能な原料から調達され、倫理的な製造過程を通じて生産され、環境に良い素材(モノマテリアルなど)でパッケージされたおやつの需要が高まっています。

市場調査会社MINTELが実施した調査によると、ペット飼い主のうち60%以上が、おやつを含むペット製品を購入する際に持続可能性があるかどうかを思慮しています。この消費者行動の変化は、ペットのおやつメーカーが持続可能な製造原理を採用し、二酸化炭素排出量を削減し、環境に良いパッケージングソリューションを探求することを促しています。

さらに、サプライチェーンでの透明性はますます重要になっており、ペットのおやつに使用される原料の厳選と品質に関する保証を求める消費者が増えています。透明性と持続可能性を重視する企業が、変化するペットのおやつ市場で競争優位性を獲得できるとされています。

機能性成分や新奇成分を含んだ商品

ペットのおやつ産業では、基本的な栄養だけでなく機能的利点を提供する新奇成分の探求が活発化しています。昆虫タンパク質、海藻エキス、ウコンやチアシードなどのスーパーフード成分が、ペットの健康増進に寄与する可能性があるため、人気を集めています。

Grand View Researchによる市場調査には、機能性成分を含むペットおやつの需要は、2024年に急増する見込みであり、飼い主がペットの健康と長生きの為にこれらの商品を試す高い購買意欲によって、推進されています。

さらに、関節の健康、歯のケア、ストレス軽減などの特定の健康問題に対処するために開発されたおやつに対する関心も高まっています。鎮静効果があるとされるCBD(カンナビジオール)を含有するおやつは特に注目されています。(一部の地域では規制の対象になっているので注意が必要です。)

Eコマース販売の活発化

Eコマースの台頭はペットおやつ業界を変革し、ペットの飼い主に様々な商品とブランドへのリーチを実現しました。オンライン小売業者や直販ECサイトは、ペットおやつを購入するための人気のある手段となっており、より便利で競争力のある価格、およびユニークな商品へのアクセスを実現しています。

Statistaによると、ペット製品のオンライン販売(おやつを含む)は2024年に20%以上成長すると予想され、ペット業界でオンラインショッピングへの移行を示しています。さらに、定期的な配送を受け取ることで、再注文の手間を省くことができる定期購読(サブスク)モデルが勢いを増しています。

結論

2024年以降、ペットおやつ業界は持続的な成長と革新に向けた準備が整い、消費者の嗜好の変化、ペットフード栄養学の進歩、および新興市場のトレンドによって推進されていくでしょう。健康と幸せ、ペットフードのプレミアム化、サステナビリティ、新奇成分の台頭、およびEコマースが、ペットおやつの市場を形成するための主要なキーワードであることが予想されます。

これらのトレンドを把握し、リアルな市場調査データを活用することで、ペットのおやつメーカーは、この急速に進化する産業で、製品差別化、市場拡大、および(消費者の)嗜好の変化の機会を大いに活用することができます。飼い主が愛するペットの健康と幸福を優先する中、今後数年間で、ペットおやつ業界はさらなる躍進をすることとなるでしょう。